弊社は1969年創業のゲルマニウム専門店(卸・通信販売)です。
ゲルマニウムの純度と原料、製法にこだわる頑固な製造生産メーカーです!

HOME取り扱い商品一覧 > 有機ゲルマニウム商品

【日本製】有機ゲルマニウム粉末(ゲルマニウム有機化合物Ge-132)

商品名ゲルマニウム有機酸素
内容量5gまたは10g
原材料ゲルマニウム有機化合物(Ge-132)原粉末
(GeCH2CH2COOH)2O3
1日の目安量0.1~0.5g
消費目安20日~3ヶ月(10gの場合)
賞味期限10年以上(冷暗保存)
保存方法高温多湿と直射日光を避けた冷暗場所で(常温)保存してください。
使用上の注意湯冷まし(白湯)又はミネラルウォーターでお飲みください。
水道水はお避けください。

※付属スプーンで軽く1杯は、0.1gです。
※粉末のまま、湯冷まし(白湯)又はミネラルウォーターに溶かして飲んでも、お味噌汁やジュースなどに溶かしても飲むことができます。水道水はお避けください。

ゲルマニウムの安全性については>>こちら

お得情報まとめ買い(1ダース(10g×12本)以上)又は定期購入などのご相談に応じていますので、お気軽に下記までお問合わせください。

下記から購入可能(5gのみ)です。パッケージは異なる場合があります。

yahoo明日お届け

有機ゲルマニウム粉末(ゲルマニウム有機化合物(Ge-132))(10g瓶入り)
※2種類の容器につめられていますが、新旧はありません。 有機ゲルマニウム粉末(ゲルマニウム有機化合物(Ge-132))(10g瓶入り)付属スプーン付き

ゲルマニウム歴40年以上のプロがおります。

どんな事でもお気軽にお問い合わせください。

1.弊社では、自社国内工場で製造・生産しています!

弊社の有機ゲルマニウムは、1986年より浅井博士の組成式(GeCH2CH2COOH)2O3を忠実にのっとって自社国内工場で生産をしております。
有機ゲルマニウム(ゲルマニウム有機化合物Ge-132)は、現在のところ昭和42年(1967年)に浅井博士により合成に成功したGe-132だけです。

※Ge-132とはWHO(世界保健機関)から与えられた付番です。
※Ge-132の類似(表示)番号に留意!!

TOPへ

2.安心・安全は原料で決まる!

本当に大事なのは原料です。 弊社の商品名【ゲルマニウム有機酸素】は、何の混ぜ物も入っていないゲルマニウム有機化合物(Ge-132)原粉です。
※原粉とは、ビタミン・スピルリナ・カルシウムなどの増量剤が入っていないものを言います。
原料には多結六方晶形分子構造の物を厳選し、結晶構造の不均等な有機ゲルマニウムは、生産しておりません。
外国産(有機ゲルマニウム)では、このクオリティを維持することは難しく、飲用はするべきではないと思います。
有機ゲルマニウムは、化学構造が少しでも違うと全く違う性質になるため、同じ元素を持つ化合物であっても、科学名称が違えば異質の物質であるからです。

純粋な有機ゲルマニウムの場合、ミネラルウォーターまたは湯冷ましに混入し、数分かき混ぜると、透明になります。
不純物が混ざっていると、透明にはなりません。しかし、温水の場合では溶解され、透明になりますのでご注意ください。

ゲルマニウム有機酸素(粉末) 安心・安全は原料で決まる!

TOPへ

3.分析試験と製造確認番号取得の自社製品だから自信があります!

厚生労働省・経済産業省・環境省の製造確認番号取得済
厚生労働省・経済産業省・環境省の製造確認番号取得済

分析試験成績表1 分析試験成績表2

弊社の有機ゲルマニウムは、日本食品分析センターでの分析済みです。
※画像をクリックすると大きな画面が表示されます。

TOPへ

【日本製】有機ゲルマニウムカプセル(ゲルマニウム有機化合物Ge-132)

商品名ゲルマニウム有機酸素カプセル
内容量250mg×10粒(2.5g)または250mg×30粒(7.5g)
原材料ゲルマニウム有機化合物(Ge-132)原粉末
(GeCH2CH2COOH)2O3
ハードカプセル:HPMC(植物性100%セルロース)
1日の目安量1~4粒(250~1000mg)
消費目安10日~1ヶ月(30粒の場合)
賞味期限製造日より3年(植物性100%カプセルの為)
保存方法高温多湿と直射日光を避けた冷暗場所で(常温)保存してください。
使用上の注意湯冷まし(白湯)又はミネラルウォーターでお飲みください。
水道水はお避けください。

※食生活は、主食・主菜・副菜を基本に、食事のバランスを。

ゲルマニウムの安全性については>>こちら

下記から購入可能(250mg×10粒のみ)です。パッケージは異なる場合があります。

yahoo 明日お届け

有機ゲルマニウムカプセル(ゲルマニウム有機化合物Ge-132)

ゲルマニウム歴40年以上のプロがおります。

どんな事でもお気軽にお問い合わせください。 有機ゲルマニウムカプセル(ゲルマニウム有機化合物Ge-132)
有機ゲルマニウムカプセル(ゲルマニウム有機化合物Ge-132)
有機ゲルマニウムカプセル(ゲルマニウム有機化合物Ge-132)
有機ゲルマニウムカプセル(ゲルマニウム有機化合物Ge-132)のポイント

TOPへ

1.弊社の自社国内工場で生産した有機ゲルマニウム(Ge-132)だけ入ってます!

本当に大事なのは原料です。

原料には多結六方晶形分子構造の物を厳選し結晶構造の不均等なものは、使用しておりません。
どんなに純度が高くても原料が粗悪であれば安全とはいえません。
有機ゲルマニウムは、化学構造が少しでも違うと全く違う性質になるため、同じ元素を持つ化合物であっても、科学名称が違えば異質の物質であるからです。
カプセルの中身は、自社国内工場にて生産したゲルマニウム有機化合物Ge-132原粉だけです。

2.カプセル1粒に入っている有機ゲルマニウム(Ge-132)の含有率が大切!

安心・安全は原料で決まる!

カプセル1粒に250mgといっても、中身は有機ゲルマニウム(Ge-132)だけではないこと場合もあります。
また、1粒に有機ゲルマニウム(Ge-132)がたっぷり250mgも入っているので、粉を量る手間が省けます。

カプセルなので、持ち歩きにとても便利です。旅行やお出かけのときに、ミネラルウォーターでサッと飲むことができます。

安心・安全は原料で決まる!カプセルだから粉末のように・・・

3.カプセルの被包材は植物性100%のHPMC(ハードカプセル)!

カプセルの被包剤は、HPMC(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)という植物性100%セルロースのハードカプセルを使用しており、凝固剤は一切使用しておりません。
HPMC(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)とは、カプセルや錠剤のコーティングなどに利用される植物繊維の一種。一般の食品にも広く使用が認められている食品添加物で、ケーキのしっとり感をアップさせたり、ホイップ、ムースなどをきめ細かな泡に仕上げるためなどにも用いられています。このHPMCを利用したカプセルは、ゼラチンやプルランのカプセルに比べて水分の影響を受けにくく、乾燥しても割れにくいなどの特長があります。日本のように湿度の高い地域でも高品質な製品をより一層安定的に保ってくれます。

また、カプセルに包むことで有機ゲルマニウム特有の酸味を感じにくくしていますので、粉末より飲みやすくなっています。

TOPへ

【日本製】そせいクリーム(ゲルマニウム配合)30g

商品名そせいクリーム(ゲルマニウム配合)
内容量30g
原材料水、DPG、ベヘニルアルコール、スクワラン、ステアリン酸、トリオクタノイン、パルミチン酸セチル、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、水溶性コラーゲン、レパゲルマニウム、水添レシチン、天然ビタミンE、ステアリン酸ポリグリセリル-2、グリチルリチン酸K2、オクタメチルトリシロキサン、水酸化K、メチルパラベン、プロピルパラベン
1回の目安量パール粒くらいの大きさ(0.2~0.5g)
消費目安2~3ヶ月位
賞味期限製造日より3年(冷暗保存)
保存方法高温多湿と直射日光を避けた冷暗場所で(常温)保存してください。
使用上の注意皮膚の弱い方は内側などでパッチテストをした上でご利用ください。
肌が赤くなったり、肌に合わない方はご利用をお控えください。

※お肌に合わないときは使用を中止してください。
※常温保存による変質はありませんが、水分蒸発による減量が見られます。そのような凝縮状態の場合は、微量を薄く擦り込んでください。

ゲルマニウムの安全性については>>こちら

下記から購入可能(Grade up(高濃度)のみ)です。パッケージは異なる場合があります。

yahoo明日お届け

そせいクリーム(ゲルマニウム配合)ぷるぷる赤ちゃん肌に

ゲルマニウム歴40年以上のプロがおります。

どんな事でもお気軽にお問い合わせください。

ゲルマニウム配合の基礎化粧クリーム

そせいクリームは、ゲルマニウムを配合しております。皮膚には潤いを与え、健やかに保ち、肌を滑らかにします。顔だけでなく、手首や膝など、ゲルマニウム金属粒と同じようにご利用下さい。また、ゲルマニウム金属粒が貼りにくい部位や人目にさらされる首や顔面など、美観の点でもそせいクリームはお勧めです。 ゲルマニウムの助けを借りて健康で美しい毎日を送りましょう。

※正規化粧品メーカー届出済製品

あのルルドの泉の成分、ゲルマニウム配合!!
いつまでもきれいなママ、美しい妻でいませんか?

【関連商品】

 

TOPへ

E-mail 問い合わせはこちら E-mail 問い合わせはこちら 資料請求 TOPページへ